plugins

NextGEN GalleryとWP jQuery Lightboxを併用してレスポンシブ対応のギャラリーをつくる

2014年1月31日 金曜日

NextGEN Gallery自体はデフォルトではレスポンシブに対応していませんから、
横並び1列の画像数は表示カラム数を指定せず、「Gallery Settings」の「NextGEN Basic Thumbnails」にある、
「Number of columns to display」の値は0にしておいて、CSSのwidthを適切な%で設定しましょう。

NextGEN GalleryのAjaxによる拡大表示はデフォルトではFancyBoxですが、Lightboxに切り替えが出来ます。
しかし、レスポンシブデザインでは、拡大画像はそれぞれのデバイスモニタのサイズ以内でないと困りますよね。

プラグイン「WP jQuery Lightbox」なら、デバイスモニタにあわせて拡大画像を表示する設定ができます。

このWP jQuery Lightboxの機能をNextGEN Galleryで有効にするには、
「Other Options」の「Lightbox Effects」で、「Lightox」に切り替えたうえで、
codeを「class=’ngg_lightbox’」から「rel=”lightbox”」に書き換えて、
「Stylesheet URL」と「Javascript URL」の記述を全部削除してセーブすれば、
拡大画像はデバイスモニタに応じたを表示になります。

この設定はそれぞれのプラグインをインストールしてとくに何も触っていない状態で、
かつ干渉を受けるような他のプラグインがない状態で可能になりましたので、
何か手を入れられている場合は同様の結果になるかの保証はありませんので、あしからず。

投稿時のプラグインのバージョン
NextGEN Gallery 2.0.40
WP jQuery Lightbox 1.4.5

マルチサイト化して特権管理者になったadminは削除して振替出来ない

2013年4月16日 火曜日

WordPressがデフォルトで設定する adminアカウントを
インターネット上で公開されている辞書ツールを使って、考えられるあらゆるパターンのパスワードを順番に試すという
大規模無差別攻撃(ブルートフォースアタック)なるものがいま横行していて、
少なからずある、弊社で管理する該当サイトの対策処置にすったもんだしておりました。

一番手っ取り早く単純で効果もあるのはadmin以外に「管理者」ユーザーを立てて、
そのユーザーでログインしてadminを削除する、という方法です。

その場合削除するadminで書いた記事などは残すユーザーに「アサイン」するのを忘れると
いっかんのぱあ、になりますので気をつけましょう。

 

ところで、マルチサイト化して特権管理者になったadminは削除して振替が出来ないんですね・・・
(phpMyAdminでできるっちゃあ、できるんですけど、デザイン畑でプログラムに疎いもので・・・)

仕方ないので、その場合は目線を変えて、

「adminでパスワード入力に繰り返し失敗したら、一定時間アクセスできなくなる」
というプラグイン(Simple Login Lockdown)を使うというのも手ですし、

「ログイン画面のURLを変えちゃう」
というプラグイン(Stealth Login Page)などもあるので、代用するのがよいかと思います。

 

(参考にさせていただいた記事)

» WordPress セキュリティ Simple Login Lockdown を使ってみる

» wp-adminと wp-login.php を守るプラグイン Stealth Login Page

FacebookプラグインでFacebookページヘの投稿を試してみる。

2013年4月12日 金曜日

「Facebook」プラグインの「Social Publisher Settings」の設定で、
Facebookページ「Web-Entry’s WordPress Labo」ページヘのタイムラインへの投稿を試みました。

Facebook側ではシェアでURLをコピって貼ったときとおんなじような感じになるっていうか、
まさに「リンクをシェアしました」になってるやん。

タイムラインに直接投稿したような感じになるのを期待してたんやけどなー・・・

MTS Simple Bookingを試す

2013年2月5日 火曜日

WordPressに予約システムをプラグインで導入したいけど、
日本語化されているものが少ないし、
日本人的な使い方に適しているのも少ない感じ・・・

MTS Simple Bookingが一番いい感じ。

» シンプル予約システム(MTS Simple Booking)

 

 

TablePressを試す

2013年2月1日 金曜日

[table id=1 /]

管理画面の投稿フォームにtable描いて、中味をクライアントさまがつど更新されるとなると、
TinyMCE Advancedだとちょっと不親切な感じですよね。

TablePressプラグインで編集ページをつくって、
表の中味の編集方法だけおしえてあげるのがいいみたい。

WP-Table Reloaded のサポートが終了したので、その後継としてTablePressがリリースされました。
現時点で日本語化してないので、まだちょっと使いにくいけど。

ページトップへ