WordPressがドメイン直下の展開(静的HTML共存)で、404リダイレクトをつかうとき | 低価格で作成!充実サポートで安心運用!WordPressに実績のある奈良のホームページ制作会社ウェブエントリーズ

WordPressがドメイン直下の展開(静的HTML共存)で、404リダイレクトをつかうとき

2014年3月11日

WordPressをドメイン直下で表示する設置をして、静的HTMLと共存させるようなサイトを作った場合、404エラーの表示はWordPressの404.phpになる。
静的HTMLもあるし、即座にトップページへリダイレクトさせるのもSEO的によくないようなので、
いったん404.htmlを踏ませて、「お探しのページはありません。トップページヘ戻ります。」と案内して、
javascriptなどで再リダイレクトなどをさせるために、.htaccessに

ErrorDocument 403 http://○○○○/404.html
ErrorDocument 404 http://○○○○/404.html

と書くのもよいが、WordPressのテーマテンプレート404.phpは

<?php
header("location: http://○○○○/404.html");
exit;
?>

のみの記述にして、.htaccessを触らず、404.htmlにリダイレクトするのもよさそう。
(どっちもやっとくと安心。)

(2014/03/11 13:20 部分修正しました)

ページトップへ