もしかしたら使えるかも知れないGoogle検索結果の過去画像を「古いコンテンツの削除」で消す方法 | 低価格で作成!充実サポートで安心運用!WordPressに実績のある奈良のホームページ制作会社ウェブエントリーズ

もしかしたら使えるかも知れないGoogle検索結果の過去画像を「古いコンテンツの削除」で消す方法

2019年7月17日

退職したり、諸事情でスタッフの写真を職場のウェブサイトから削除しても、Googleの検索結果がそのスタッフの写真を保持しつづけることがお客様でありまして、
Googleのガイドラインには「古いコンテンツの削除」でURLで申請してほしいとあるのですが、ウェブサイト側では完全に削除しているし、data:imageのアドレスではできないので、どうしたものかと皆で試行錯誤しましたが、
偶然見つけた方法ですが、検索結果の画像をデスクトップへドラッグドロップすると、ショートカットのリンクサムネイルができるので、これをクリックしてブラウジングされたときのURL( https: //www.google.com/imgres?imgurl=・・・)を「古いコンテンツの削除」に入力して申請すると翌日以降に検索結果から除かれました。

退職されたスタッフの写真を自社のウェブサイトで掲載することはその方のプライバシー権に関わる問題もはらみますので、削除するようにすべきです。
これが正式で確実の方法であるかはわかりませんが、お困りのときは試してみてください。

ページトップへ