JPEGをFireworksで開けてみたらボケボケや色がおかしいとき

2018年1月31日

いまさらのFireworksですが、外注のデザイナーが書き出ししたJPEGをちょっと修正しようと思ってFireworksで開けてみると、なんだかボケボケで色合いもおかしい。

JPEGをブラウザで表示させたりしても何もおかしくはない。
何が起きたのだろうとよくよく調べてみると、そもそも紙専門の外注のデザイナーがカラーモードCMYKで書き出したJPEGであることがわかった。
この場合Photoshopで開くと正しい色と鮮明さで作業ができる。
Fireworksだけではなく、CMYKに対応していないソフトでは同様のことが起こりうると思われる。

とはいえ、今回の場合はデザイナーがブラウザ表示でどういう色調を意図してデザインしていたかはもう見当がつかないので、そのまま作業をすすめるしかなかったが、そもそもはデザイナーがカラーモードRGBでデザインを起こしてくれていなかったことに問題がある。

説明をきいても普段はカラーモードの違いを実感していないかたもいらっしゃるかもしれないが、
いまさら当たり前ですが、ウェブサイトのデザインをするときにはカラーモードRGBで。

ページトップへ