2019年

年末年始の休業日のお知らせ

2019年12月2日 月曜日

下記期間を年末年始のお休みとさせていただきます。

2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)まで休業いたします。

2020年1月6日(月)より、開始となります。

何卒、宜しくお願いいたします。

消費税法の改正に伴うご請求金額変更のお知らせ

2019年8月23日 金曜日

消費税法の改正によって、2019年10月1日より、消費税率が8%から10%へ引き上げられます。

これに伴い、2019年10月1日以降に発生する、制作及び修正作業費・保守契約の年度更新・各種ご請求費用について、新税率でご請求させていただきます。

2019年9月30日までのお支払い手続きには旧税率8%を適用する
2019年10月1日以降のお支払い手続きには新税率10%を適用する

※2019年9月末までに発行されたご請求書は、実際にお支払いいただくのが2019年10月以降であっても、8%を適用します。

上記、ご確認のほど宜しくお願いいたします。

夏季休業のお知らせ

2019年7月19日 金曜日

2019年夏期休業のお知らせです。

休業日:8/10(土)~8/18(日)とさせていただきます。

休業期間中にいただきました、ご連絡に関します対応は、8/19(月)より順次ご案内申し上げます。

何卒宜しくお願い致します。

もしかしたら使えるかも知れないGoogle検索結果の過去画像を「古いコンテンツの削除」で消す方法

2019年7月17日 水曜日

退職したり、諸事情でスタッフの写真を職場のウェブサイトから削除しても、Googleの検索結果がそのスタッフの写真を保持しつづけることがお客様でありまして、
Googleのガイドラインには「古いコンテンツの削除」でURLで申請してほしいとあるのですが、ウェブサイト側では完全に削除しているし、data:imageのアドレスではできないので、どうしたものかと皆で試行錯誤しましたが、
偶然見つけた方法ですが、検索結果の画像をデスクトップへドラッグドロップすると、ショートカットのリンクサムネイルができるので、これをクリックしてブラウジングされたときのURL( https: //www.google.com/imgres?imgurl=・・・)を「古いコンテンツの削除」に入力して申請すると翌日以降に検索結果から除かれました。

退職されたスタッフの写真を自社のウェブサイトで掲載することはその方のプライバシー権に関わる問題もはらみますので、削除するようにすべきです。
これが正式で確実の方法であるかはわかりませんが、お困りのときは試してみてください。

【Woocommerce】特定の商品カテゴリーの子カテゴリーインデックスに表示する分岐

2019年6月21日 金曜日

親の商品カテゴリーをIDで指定します。

 

ページトップへ